ホーム

日本語学校ではさまざまな国・地域から来た外国人が日本語を学んでいます。国によって言葉・文化が違い、学び方や価値観も違います。大勢の外国人が学ぶ日本語学校はまさに「異文化交流の宝庫」です。日本語教育<みんなの広場>では、これまで、そんな日本語教育の現場で見たこと・聞いたこと・感じたことをお伝えし、留学生の作品もご紹介してきました。

しかし、このたび2012年3月でイーストウエスト日本語学校を去ることとなりました。22年かけて作り上げてきた「学びの共同体」を突然抜けるということは、残念ですが、どこまでも前向きに、新たなことにチャレンジしていこうと考えています。詳しくは「一般社団法人アクラス日本語教育研究所」のホームページをご覧ください。http://www.acras.jp/ 

また、今後は、日本語学校の留学生ばかりではなく、地域日本語教育、介護の日本語教育で学ぶ方々、また、さらに他分野・他領域にわたって意見を述べ、記事を書いていきたいと考えています。どうぞご意見・コメントをお願い致します。(kazushimada@acras.jp)
  フェイスブックhttp://www.facebook.com/?ref=hp#!/profile.php?id=100000484196720

 
                                                                     一般社団法人アクラス日本語教育研究所
                                          代表理事   嶋田和子 

 

♪ ♪ 教科書が変われば、教師が変わる。 教師が変われば、学習者が変わる ♪ ♪

◆『できる日本語』シリーズのご案内 http://nihongohiroba.com/?p=2237

◆「教科書について考えてみませんか?」(『月刊日本語』)
http://nihongohiroba.com/?p=2254