プロフィール

嶋田和子(しまだ かずこ)

1946年、東京生まれ。1965年、東京都立西高校卒業。1969年、津田塾大学英文科卒業(2006年、放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了)。大学卒業後外資系銀行に勤務。

その後専業主婦を経て日本語教師となる。幾つかの日本語学校に非常勤講師として勤務した後、1990年より学校法人国際青年交流学園イーストウエスト日本語学校に勤務。教務主任、副校長として教師の指導、学生の日本語指導・進学指導に当たり、2012年3月に退職。

退職と同時に2012年3月、一般社団法人アクラス日本語教育研究所を設立し、代表理事となる。現在、清泉女子大学非常勤講師など、大学、教師養成講座、地域日本語教育関連の事業などさまざまな形で日本語教育に携わる。

また、学習者の運用能力向上をめざし、8年近くかけて練り上げてきた日本語教科書『できる日本語 初級』を2011年4月に出版。以後、『できる日本語』の考え方(プロフィシェンシー重視の日本語教育)を教育現場に広めることに努めている。(2012年10月現在、シリーズは8冊となる)。

日本語教育は外国人のためだけではなく、日本人にとっても重要であるという考えのもと、他分野・他領域との連携・協働を図り、「日本人にとっても外国人にとっても、豊かで住みよい社会作り」をめざす。

【社会的な活動】

公益社団法人日本語教育学会副会長
日本語教育能力検定試験実施委員
日本留学試験広報委員
ACTFL-OPIトレーナーなど

著書→これまでの出版物の項目参照のこと